理想の住まいはハイブリッド断熱

浜松市の住宅会社の中でもハイレベルな断熱性能のコットンハウス は、「健康・快適で住む人に優しい住まい心地」と「エネルギーを節約することで光熱費を削減し、環境にも優しい住まい」を実現するため、外断熱と発泡ウレタンフォームのダブル断熱を採用した『ハイブリッド断熱工法』での施工を行っています。

 

一般的なうち断熱炉ハイブリッド断熱の違い

ハイブリッド断熱とは、断熱性・気密性が非常に高い外断熱工法での施工に加え、壁内部の構造躯体にも発泡ウレタンフォームを吹き付けた内断熱工法の2つの工法を組み合わせることです。これにより断熱性・気密性が格段にUPし、住まい心地や光熱費削減など様々なメリットが得られます。コットンハウス の高性能なハイブリッド断熱工法は、高気密・高断熱を実現し、生涯に渡り快適に暮らすための理想的な工法です。浜松市の住宅会社で高断熱ナンバー1を目指すコットンハウスが自信を持ってオススメいたします。

 

ハイブリッド断熱のポイント

コットンハウスのハイブリッド断熱工法は、お家の外側の全方位から外気を断熱します。壁だけじゃなく、窓などの開口部もLow-Eペアガラス&樹脂サッシを使用して高断熱にしています。外側と内側の温度差も少なくなるため、住宅には大敵であるカビの原因にもなる結露が殆どゼロになります。

 

輻射熱は通気層を通って、棟換気から外に抜けていくので、室内には熱が伝わりません。