コットンハウス|浜松市の外断熱で高性能住宅を建てる工務店ならコットンハウス

住宅性能・仕様

理想の住まいはハイブリッド断熱

浜松市の住宅会社の中でもハイレベルな断熱性能のコットンハウス は、「健康・快適で住む人に優しい住まい心地」と「エネルギーを節約することで光熱費を削減し、環境にも優しい住まい」を実現するため、外断熱と発泡ウレタンフォームのダブル断熱を採用した『ハイブリッド断熱工法』での施工を行っています。

コットンハウスのハイブリッド断熱工法は、お家の外側の全方位から外気を断熱します。壁だけじゃなく、窓などの開口部もLow-Eペアガラス&樹脂サッシを使用して高断熱にしています。外側と内側の温度差も少なくなるため、住宅には大敵であるカビの原因にもなる結露が殆どゼロになります。

Ua値=0.38、C値=0.2の高性能な住まい心地

コットンハウスは、全棟気密想定を実施し、高水準のUa値とC値を実現しています。コットンハウスのC値は静岡県の基準を大きく上回り、寒さの厳しい東北の一部地域の基準に匹敵します。

2タイプの断熱工法を合わせた『ハイブリッド断熱工法』を採用することで、高気密と高断熱が実現できます。冬の冷たい外気、夏の暑い熱気を壁が遮り、お家内部に伝わりにくい、年中快適な空間で生活を送れる高性能なお住まいになります。浜松市など遠州特有の気候に柔軟に対応します。

オーダーメイドデザインで、世界でひとつだけの家

浜松市の工務店としてコットンハウスではお客様のこだわりをヒアリングして作り上げるオーダー制の注文住宅で家づくりをしております。一生に一度の家づくりですから、ご家族の想いが詰まった愛着のある 家にしたいですよね。これまで様々なご要望にお答えし、注文住宅での様々な夢を実現してきました。

お客様のご要望をしっかりとお聞かせ頂いた後には私たち一級建築士にお任せください。浜松市周辺で多くの注文住宅を施工してきた工務店としての実績と経験で、あなただけのオリジナリティを追求したぬくもりのある暮らしをご提案します。

こだわりの樹脂サッシで、家全体で高い断熱性能

浜松市の工務店の中で暮らしやすさを追求する魁としてコットンハウスでは開口部の断熱対策として、Low-Eペアガラス&樹脂サッシを採用してきました。

コットンハウスでは、開口部の断熱も大切にしています。窓などの開口部から逃げる熱は、お家全体から逃げる熱全体の50%以上を占めます。そのため、実は屋根や壁面を高断熱に施工するだけでは高気密・高断熱と言うには足りません。窓などの開口部分を高断熱にすることも重要なのです。コットンハウス採用の樹脂サッシは高気密の作りで、熱伝導率も低いため高断熱を実現できます。高気密・高断熱の住宅にすることで冷暖房したエネルギーが逃げるのを防ぐ事ができます。

全棟構造計算を実施し、耐震等級3相当の地震に対する安心な住宅

末長く安全にお住いいただけるあたたかい家づくりがコットンハウスのモットーです。そのためには、住宅が耐震仕様で頑丈に作られていることが何より大切。 ここではコットンハウスの基礎へのこだわりをご紹介します。耐震への高い意識で強固な基礎づくりを行っています。

コットンハウスは、耐震等級3相当の住宅です。耐震等級とは、国土交通省が定めた住宅性能表示制度のうち、建物の構造の安定について段階的に表したものです。どれだけ耐震性能があるかを3段階で評価しています。コットンハウスの耐震等級3相当は、耐震等級は最も性能の良く、建築基準法の1.5倍の強さの耐震を実現していることになります。

スラブサーモでぽかぽかの床暖房

コットンハウスは、温水管を基礎の中に通す床下暖房システムの「スラブサーモ」を採用しています。「スラブサーモ」は、蓄熱された土間コンクリートからの熱が1階の部屋全体を暖めるやさしい床暖です。

暖められた床下空間の空気は自然対流により家中をめぐり、家中すみずみまで暖かい家にしてくれます。自然エネルギーも効果的に活用することで、快適省エネな床下暖房システムです。床下暖房システムなら実績のある工務店のコットンハウスにお任せください。