末長く安全にお住いいただけるあたたかい家づくりがコットンハウスのモットーです。そのためには、住宅が耐震仕様で頑丈に作られていることが何より大切。 ここではコットンハウスの基礎へのこだわりをご紹介します。耐震への高い意識で強固な基礎づくりを行っています。耐震性能は浜松市周辺にお住いの方には気になるワードではないでしょうか。

 

全棟構造研鑽を実施

コットンハウスでは壁量計算と許容応力度計算の両方を実施しています。
許容応力度計算を行うことにより地震・積雪・風力に対して信頼度の高い強度計算を行っています。

 

 

家族と財産を自身から守る「耐震等級3相当」の安心

耐震等級とは、国土交通省が定めた住宅性能表示制度のうち、建物の構造の安定について段階的に表したものです。どれだけ耐震性能があるかを3段階で評価しています。コットンハウスの耐震等級は最も性能の良い耐震等級3相当。これは、建築基準法の1.5倍の強さの耐震を実現していることになります。

家をしっかりと支える堅固な地盤+ベタ基礎工法

国内で問題となっている欠陥住宅の1つとして、地盤の不同沈下(建築後に建物が傾くこと)と基礎工事の不備によるものがあります。つまり、耐震性能の高い頑丈な家を建てるには、その土台となる「地盤」と「基礎」がしっかりしていることが大前提なのです。浜松市のコットンハウス では堅固な地盤とベタ基礎工法により家をしっかりと支え、家族の安全を守ります。

建物を「面」で支える頑強なベタ基礎工法

「基礎」の部分は地盤と同様、建物を支える要として重要な役割を担っています。木造住宅における基礎工事には、主に「布基礎」と「ベタ基礎」の2つの方法が一般的です。

ベタ基礎構造

「ベタ基礎」は、高密度に配筋を施した鉄筋コンクリートを底板全体に施して地盤と基礎の一体性を高め、建物の荷重を「面」で受けとめることによってしっかりと支えます。また、地面をコンクリートで覆うことにより、地中の湿気やシロアリの侵入を防ぎます。